【勃起力完結編】勃起力を上げる栄養素、運動!勃起する仕組みとステップ、原因を総まとめ

朝立ち精力増強・精力アップ

いつまでも並々ならぬ出で立ちを保ちたい!

50代でも60代でもビンビンに勃っていたい。

それだけで男の自信につながりますし、女性とセックスするとき、自信を持ってセックスできるんです。

だから、中折れなんてしないですし、EDにもならない。
フニャチンではなく、ギンギン。

死ぬまでセックスしたいのに・・・

  • 勃たない
  • 勃ちが悪い
  • 勃ってもすぐに萎える
  • 中折れする

確かに、年齢だってわかっていても、納得できない部分もあります。

私は、まだ40歳手前。

ただ、35歳前後で、ほとんど勃たない、苦労した経験があります。

32歳ぐらいは、一晩に5回もセックスをしていた私が、そうなったのは、かなりのショックでした。

街ナカを歩いているとやっぱり思うんですよ。

●あんな可愛い子とセックスしたい
●会社で、スタイルの良い女性を見て、セックスしたい

って。

だから諦めずに、勃起力を鍛えるトレーニングをしました。

その中で、私が感じた、勃起力を上げる方法をご紹介します。

これで、私は、ギンギンで、1日3回までは復活しました。

勃起が起こる原因とは!?勃起をする5つのステップ

勃起する

ステップ1.脳が性的興奮を感じる

キレイな女性やおっぱい、性器を見たり、AVを見たりすることで、性的に興奮することで、脳から指令が発せられます。

性的に興奮すると、大脳の視床下部で、性的興奮の指令が出されます。

この指令は、「テストステロン」という物質が必要です。

最近は、いろんなところで「テストステロン」と言われているので、あなたももしかしたら、聞いたことがあるかもしれません。

テストステロン = 男性ホルモン

テストステロンの濃度がコクて、大量に発せされると、しっかりとあそこに伝わりやすくなります。

ステップ2.勃起の指令があそこに伝わる

脳が性的興奮を感じ、命令が発生されると、あそこに指令がいきます。

神経を通じて、勃起指令がペニスに到達すると、ドーパミンという神経物質を増やします。
このドーパミンがしっかり生成されることで、より興奮することで、ペニスが勃起し始めます。

ステップ3.あそこで一酸化窒素が作られます

あそこでは、一酸化窒素が作られています。

一酸化窒素は、血管を拡張させます。

そうです。
あそこの血管を拡張させているのえす。

その一酸化窒素は、アルギニンが生成しています。

ステップ4.ペニスの血管が拡張し血液が流入する

ペニスの血管が拡張することで、あそこにある海綿体に大量の血液が流れ込みます。

そして、流れ込んだ血液がそのまま留まることで、あそこは勃起します。

血管が拡張されていないと、大量の血液が流れこまないので、半立ちになります。

だから、血液を海綿体に大量に流すことが大事です。

ステップ5.勃起が終わるのは、PDE-5が発生するから

勃起したからといって、いつまでも勃起したままではありません。

勃起は終わるのですが、それは、PDE5という酵素が発生し、血管の拡張を阻害するからです。

ペニスの血管が拡張することで血液が大量に流れ混んでくるのが勃起ですので、血管が拡張しないと大量に血液が流れ込みません。

だから勃起が終わります。

PDE5阻害薬は、ED治療にも使用されています。

阻害からわかるとおり、血管拡張を邪魔するPDE5の働きを邪魔する薬です。

PDE5が大量にあると、勃起しないので、薬で強制的に阻害しています。

<PED阻害薬の効果とは>
* 血管弛緩作用をあわらすcGMPの分解酵素を阻害することで肺動脈圧や肺血管抵抗などを改善する薬
* 肺動脈性肺高血圧症は肺の中の動脈が狭くなったり硬くなるなどにより、肺動脈圧が上昇し呼吸器症状や心不全症状などがおこる
* 血管平滑筋の弛緩にcGMPという物質が関わっていて、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)という酵素により分解される
* 本剤はPDE5を阻害し、肺組織中のcGMPを増加させることで血管拡張作用などをあらわす
* 本剤の成分を使用した「排尿障害改善薬」や「勃起不全治療薬」が存在する(出典:PDE5阻害薬の解説 日経メディカル

私達が勃起をしない3つ原因、理由とは!?なぜ、勃たないのか。。。対処法ってある?

原因1.テストステロン濃度が低い

大脳が性的興奮を完治すると、ペニスに勃起指令を出します。

この指令には、「テストステロン」が必要です。

しかし、このテストステロンは、20歳代をピークに、その後は加齢が原因で衰えます。

つまり、勃起力が低下します。

テストステロンは、いろんな生殖機能の働きを促します。
そのため、テストステロンの分泌が低下すると、勃起力が下がるだけでなく、性欲も下がってくるのです。

また、体全体の機能も当然衰えてきます。
写生をコントロールする機能が衰えて、年齢を重ねると早漏になる人も増えます。

原因2.精神的ストレスによるテストステロンの低下

テストステロンは、ストレスに弱いです。

40代以上の男性に多いのが、男の社会的責任とストレスが公私ともに高まる時期です。

仕事では出世して、責任も生じ、プレッシャーを感じます。
家庭では、子供ができたり、子供が成長していくことで、子育て、教育の悩み、高校・大学への進学資金などでも悩み始めます。

精神的ストレスがたまり、テストステロンが低下します。

<加齢にともなうテストステロン分泌の衰えについて>
テストステロンの分泌は20歳代をピークに、その後加齢とともに衰えて行きます。

普通は徐々に衰えますので、何となく「歳をとって来たかな?」とお感じになる男性が多いと思いますが、40代から60歳代にかけては、男性の社会的責任とストレスが公私共々高まる時期です。
(引用:加齢にともなうテストステロン分泌の衰えについて「大東製薬工業株式会社」

原因3.勃起を維持する筋肉が弱まっている

勃起を維持するためには、筋肉も必要です。

特に、肛門周囲の骨盤底筋やPC筋が弱くなっています。

骨盤底筋は、排尿や射精をコントロールしている筋肉です。

PC筋は、ペニスに流れ込んだ血液をPC筋で締め付けて流れを押し留め、長時間勃起が維持できるようにします。

<引用:EDにも効果的! 「筋トレ」で男性ホルモンを活発に(ZAKZAK美人薬剤師)>

<引用:起の持続力に影響大! 下半身の元気を支える筋肉「PC筋」とは…?>

勃起に必要なテストステロンを増やす3つの方法とは

勃起成分テストステロン男性ホルモン

勃起に必要なのは、「テストステロン」とわかったと思います。

すぐにテストステロンを増やす方法は、病院で男性ホルモン注射などによって補充する方法です。

完全なEDの方は、今すぐ泌尿器科や、ED専門クリックに診察に行きましょう。

そうでなく、勃起力をアップしたいという方は、下記の3つを改善しましょう。

方法1.テストステロンを含む食材やサプリメントを摂取する

テストステロンの原料は、コレステロールです。

なので、コレステロールを含む食材やサプリメントを摂取しましょう。

ただ、コレステロールは、過剰摂取は問題あり。

なので、バランスの良い栄養摂取が大事です。
極端なダイエットなどもダメです。

菜食主義などはコレステロール摂取不足になりがちです。

その意味で、サプリメントは手っ取り早いです。

方法2.生活習慣を改善する

十分な睡眠、規則正しい生活、ストレスを溜めない生活を送りましょう。

健康的な生活習慣を続けると、落ち込んだり、悪いことがあっても気持ちを切り替えれたりストレスを溜めなくなります。

そうなると、自ずとテストステロンの分泌が高まり、明るく、チャレンジで前向きになり、好循環になります。

方法3.運動をする

テストステロンを増やしたいために、コレステロールを過剰摂取すると太ります。

そのため、ある程度運動をする必要があります。

肥満は、テストステロンを低下させます。

運動することで、コレステロールをしっかりと商品させます。

「引用:テストステロンの分泌を増やすためには?(大東製薬工業株式会社)

大股歩きで精力の源テストロゲンを増やす!精力増強の秘密とは
精力をアップさせるためには、毎日する事はウォーキングです。そのときの歩き方にポイントがあります。そうすることで男性ホルモンを活性化させる事が出来ます。

勃起力をつける8つの栄養成分!これが含まれた食材を食べる

  • しっかり栄養をとり
  • 運動する
  • 生活習慣を改善する

これを実践したいですが、どうしても1つだけしかできない人が多いのが現代です。

それもある程度仕方ないと思います。

なので、この3つのうち、1つでも簡単に意識するだけで変わってくるのが食事です。

勃起力をつけるための栄養成分をピックアップしました。

例えば、コンビニで何か買うとき、成分表を見て、この成分のどれかが入っていないか確認しましょう。

1.シトルリン

シトルリンは、アミノ酸の一種です。
成長ホルモンの分泌を促進します。

最も重要な役割は、一酸化窒素を発生させ血管を拡張させます。

勃起するには、あそこの血管を拡張させないといけないので、勃起には必須ということになります。

シトルリンは、体内で吸収されると、アルギニンに変わります。

精巣は、大部分がアルギニンで出来てるので、その意味でも、シトルリンが大事だということがわかわります。

<シトルリンが含まれる食材・食べ物>
スイカ、きゅうり、メロン、ゴーヤ

2.アルギニン

アルギニンは、アミノ酸の一種です。

他のアミノ酸より、直接成長ホルモンを分泌します。

アルギニンは、精子の頭部を作る主原料で、アルギニンを多く摂取すると活動量も増えます。

またアルギニンは、一酸化窒素を発生させるため、海綿体へ血流を多く流しこんでくれます。

<アルギニンが多く含まれる食材・食べ物>
大豆、肉類

栄養ドリンク(レッドブルなど)

3.オルニチン

しじみに含まれている成分なので、二日酔いの成分の方が有名かもしれません!

オルニチンもアミノ酸の一種です。

肝臓の働きを促進しますので、二日酔いサプリメントで有名です。

それだけでなく、成長ホルモン分泌も促します。

シトルリンやアルギニンに比べると直接的な貢献度合いは少ないですが、取らないよりは取った方が良いです。

4.グルタミン

グルタミンもアミノ酸の一種です。

肝臓の働きを促進します。

オルニチン同様、二日酔いサプリメントで有名です。

筋肉を増強させたり、体全体の不調を整える働きがあります。

シトルリンやアルギニンに比べると直接の貢献度合いは少ないですが、セックスは、運動です。
その体力増強に一役買います。

5.マカ

マカは、成分名と思われがちですが、植物名です。

マカの中には、亜鉛、アルギニンなど各種アミノ酸が含まれています。

精力剤サプリで、マカが入っていることが多いのはこのためです。

6.亜鉛

牡蠣精力アップ亜鉛

亜鉛 = セックスミネラル

と呼ばれる精力アップの代名詞成分です。

精液には、大量の亜鉛が含まれており、亜鉛が不足すると、精子・精液形成が阻害されます。

亜鉛は、体内では生成できません。

なので、食べ物やサプリメントで摂取することが必要です。

ちなみに、1回のセックスして射精すると2mgの亜鉛が失われる、と言われています。

7.クラチャイダム

今、精力剤サプリで一番話題の成分です。

マカよりも含まれるアルギニンの量が2倍以上です。

アルギニンのサプリメントは、アルギニンだけを含んでいますが、クラチャイダムのサプリメントは、アルギニン以外にもたくさんの成分を含んでいる違いがあります。

8.にんにく

にんにく

にんにくは、昔からの定番ですよね。

夏バテとかにも食べられていますが、

にんにくを食べると精がつく

と昔から言われています。

にんにくには、スコルジニン、という成分が含まれています。

スコルジニンは、酵素を全身に供給する働きがあり、滋養強壮に効果があります。

「引用:健康食品中のニンニク滋養強精成分スコルジニンの酵素法による定量

勃起力を高めるためにやってはいけない6つのNG生活習慣とは

勃起しない生活習慣

勃起力アップには、生活習慣の改善も必要です。

生活習慣の改善と言われても、具体的に何を!?

と思うと思います。

代表的なものをご紹介します。

NG生活習慣1.喫煙

テストステロン濃度を高めるために、一番ダメ!と言っても過言ではありません。

タバコを吸うのを辞めましょう。

タバコに含まれるニコチンには、血管収縮作用があります。

勃起には、血液の流れが重要で、血管を拡張しないといけません。

しかし、ニコチンは、血管を収縮します。

当然、勃起しづらくなりますよね!?

あなたは、まだタバコで消耗していますか?

NG生活習慣2.飲酒

飲んだら勃たない

と言いませんか?

アルコールは、勃起力が落ちます。

ただ、飲酒(アルコール)は、絶対ダメではありません。

1杯ぐらいであれば、精神を落ち着かせたり、緊張が緩和されることがあり、それは勃起にも効果があります。

ただ、多めの飲酒は、NGです。

アルコールを摂取すると、肝臓がアルコールを分解する酵素が活発化します。

この活性酵素は、亜鉛やビタミン、ミネラルなどを消費します。

亜鉛は、勃起に必要な成分です。

消費されるとなくなるので、さらに補充が必要になります。

NG生活習慣3.睡眠不足

勃起力を上げるためには、しっかり睡眠を取りましょう。

寝不足だと、勃ちません。

疲れマラ、という言葉がありますが、最後の元気を振り絞っているようなものです。

人間は、しっかり寝ると、睡眠中にテストステロンの量が回復します。

朝から夜にかけて低下します。

しっかりと寝るようにしましょう。

NG生活習慣4.ストレスが溜まる

ストレスが溜まったままでは、テストステロンはうまく生成されません。

テストステロンは、副交感神経が優位なときに生成・分泌されます。

でも、ストレスがたまっていると、交感神経が優位になります。

交感神経が優位な状態だとテストステロンは生成されにくくなります。

ストレスを受けないことは、ほぼ無理なので、溜まったストレスをしっかりと発散、解消しましょう。

そのために趣味を持ったり、ボーーーっとする時間を作ったり、お風呂でリラックスしたり、ストレス解消のために何かしましょう。

NG生活習慣5.運動しない

運動しないと、ストレスがたまることがあります。
思いっきり体を動かすと、意外とストレスが発散されて、どうでもよくなったりします。

また、筋トレや運動をすることで、下半身に刺激がいき、血流が良くなります。

勃起力をアップするためには、骨盤底筋やPC筋を鍛えることが大事です。

そこを刺激するような運動、軽いジョギングでも十分です。

休日は、寝てばかりではなく、しっかりと運動をしましょう。

NG生活習慣6.過激な自慰行為、オナニーの禁止

最近ネットでも話題ですが、床オナニーをしている人に多いですね。

床オナをすることで、膣内射精障害になっている男性が増えています。

あそこへの刺激が強すぎるんです。

セックスしたときに刺激が足りず、射精できない、イケなくなり、女性と気まずい雰囲気に。

それがトラウマとなり、ED(勃起不全)に繋がり勃起力が落ちます。

というか、勃たなくなります。

なので、過激なオナニーは禁止です。

勃起力を高める、上げるために実践する運動はこの3つ

勃起力アップ運動スクワット

勃起力を高める、上げるためには、運動は必須です。

デスクワーク中心で、運動しない人は、確実に勃起に必要な筋力が弱くなっています。

勃起力アップのための運動をしましょう。

勃起力を高める運動1:スクワット(骨盤底筋を鍛える)

スクワットは、骨盤底筋などを鍛えます。

骨盤底筋は、勃起を維持するのに必要です。

また、スクワットは、下半身全体を鍛えます。
人間の筋肉の70%を下半身で締めているほどです。

下半身の筋肉量アップで、血流アップで新陳代謝がアップします。

60歳以上でもリンゴなみに硬い勃起力!絶倫スクワットとチントレの方法
60代でもりんごなみの硬さをキープしている人が、1割もいます。あなたのあそこの硬さはどれぐらい硬いですか?勃起力を維持する2つの方法。セックスをすること、そしてAV男優田淵正浩提唱の「絶倫スクワット」です。あそこが心配なら、チントレをしましょう。

勃起力を高める運動2.肛門締め(PC筋を鍛える)

肛門を単純に締めて鍛えます。

肛門腹筋にある、PC筋は、勃起を維持するための筋肉です。

1.まずは、床に座ります。
できれば、壁に軽くもたれかかり、両膝を軽く開きます。

片手を下腹部に当てて、リラックスします。

2.その姿勢で、15秒程度、肛門をお腹側にじわじわと引き上げるように締めます。

最初は、きついと思うので、5秒ぐらい始めましょう。

3.締めたあとは、力を抜いて45秒程度リラックスします。

4.もう一度15秒ぐらい、肛門をじわじわ引き上げるように締めます。

15秒+45秒で合計1分間。

このサイクルを10回繰り返します。(合計10分間)

(引用:ユニ・チャームの骨盤底筋トレーニング)
[監修] 名古屋第一赤十字病院 女性泌尿器科部長 加藤久美子先生、社会福祉法人三井記念病院 産婦人科医長 中田真木先生

勃起力を高める運動3.1分間脚とじ

最近は、脚とじダイエット、が女性の間で流行っているぐらいです。

脚とじは、内転筋を鍛えます。

内転筋も勃起力維持に必要です。

脚とじは、簡単です。

椅子に座り、脚を開いて閉じる、この繰り返しです。

1日3分程度、まずはやってみましょう。

運動も、勃起力アップの成分、食べ物を食べるのも嫌、めんどくさい、という人は、サプリメントが一番手っ取り早いです。

◯84歳でも現役AV男優を続ける「徳田重男」が飲む精力剤サプリを見る>

勃起力のまとめ

50代、60代でも勃ちます。

そのためには、テストステロンが大事です。

テストステロンは、
1.テストステロンが含まれる食材やサプリを摂取する
2.生活習慣が良い
3.運動をする

この3つで増えます。

逆に、テストステロンを減らすNG行為は、下記です。

  • たばこ
  • お酒
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 運動しない
  • 過激なオナニー

これは、やめましょう。

一番手っ取り早い方法は、スクワットです。

60歳以上でもリンゴなみに硬い勃起力!絶倫スクワットとチントレの方法
60代でもりんごなみの硬さをキープしている人が、1割もいます。あなたのあそこの硬さはどれぐらい硬いですか?勃起力を維持する2つの方法。セックスをすること、そしてAV男優田淵正浩提唱の「絶倫スクワット」です。あそこが心配なら、チントレをしましょう。
大股歩きで精力の源テストロゲンを増やす!精力増強の秘密とは
精力をアップさせるためには、毎日する事はウォーキングです。そのときの歩き方にポイントがあります。そうすることで男性ホルモンを活性化させる事が出来ます。
【徳田重男】84歳でもAV男優ができる勃起術!精力アップ・精力増強術とは
日本最高齢のAV男優と言えば、徳田重男さんです。82歳になってもAV男優を続けれる理由は、玉ねぎ納豆にありました。勃起は、筋肉と同じで使わないと意味がない、勃起術「ふくらはぎ伸ばし」とは。
AV男優しみけんが実践する精力アップ術!性力剤サプリと勃起運動とは
今、一番人気のあるAV男優しみけんさん。1日3回撮影をこなすこともあるため、精力アップには常に気をつけています。どんな成分に注目して性力剤を維持しているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました