現役AV女優に学ぶ!Gスポットを刺激して女性をイカせる方法とは

Gスポットセックステクニック・イカせる方法

精力増強ノウハウを伝える、ボッキオです。

実は、私、

AVマニア

です。

・・・・

いきなりの告白ですみません。。。

毎日AV見ているといっても過言ではありません。
専門は、「素人」「ナンパ」です。

とは言いながら、最近の傾向をしるために、いろんなジャンルを見ています。

AV女優が教えてくれる教材的な感じの動画もありますからね。
そんなAV女優から学んだ、女性のイカせる方法を伝承します。

女性は、2つに別れます。

●膣派
●クリトリス派

男性の場合、9割ぐらいは、絶対女性をイカせたいと頭の中で思っています。
でもいざ、その場になると、なかなかイカす事ができずに焦る事があります。

AVを見たら、こんな感じで潮を吹いていたのに、なぜダメなんだろう・・・

って思った事は一度や二度ではないはずです。

今まで私が経験した中からどうしたらいいのか、また女性たちにもいろいろと聞いた中での、アドバイスも交えてお伝えします。

女性の性感帯と言われる、Gスポットは、どこなの?

って思っていませんか?
ホントはないんでしょ!

って思います。

最初の頃は。
恥骨の下にある、膣壁前方上部付近になるのですが、そのあたりを触っても、ぜんぜん見つからない!って最初は思うんです。

ちゃんと、Gスポットはあります。
でも、探し方がちょっと違うんですよね。

Gスポットを見つける5つのステップと探しやすい体勢

Gスポット体勢

5つのステップでお伝えします。
[box04 title=”Gスポットを探す5つのステップ”]
ステップ1:おおよその位置は膣壁の前方、恥骨の裏側の辺りです

ステップ2:人によって、位置は微妙に違います。触って探す必要があります

ステップ3:Gスポットを探しやすい体制。女性は仰向けで、体を少し横に向けて、お尻を出します

ステップ4:指で探していきますが、ちょっとだけザラザラしているところがあります。

ステップ5:ザラザラしているところに到達すると、ちょっとづつ刺激します。
[/box04]
Gスポットは、人によって違うので、おおよそ、ココだろう、という検討のもと探します。
不思議なもので、指を入れてすぐ見つかる人もあれば、なかなか見つからない、かなり奥の方にある人もいます。

奥の方だと、指が短い人にはちょっと不利ですが・・・

これは、ある種経験なので、数をこなすしかありません。

仰向けで、体を横にすると、結構探しやすくなります。
私は、さらにお尻を出すような感じにさせています。

体を折り曲げると、膣に角度がつくので、探しやすくなります。

あと、指は一度手のひらを上にして、人差し指か中指を膣の中にゆーーっくり入れていきます。
指を挿れると、恥骨の裏辺りを触りますが、微妙にザラザラしています。

これは、最初気づかないかもしれませんが、他と感覚は確かに違うので、ココかな?って思うと思います。
ポイントは、手前から奥に指を動かすのですが、そのザラザラポイントに触れると、女性が感じます。

そうなると、ほぼ、そこで合っていると思って間違いありません。

よくやるのが、AVの見過ぎで、Gスポットがわかると、いきなり高速?に指を動かす人たちがいます。
それは、ダメですよ。

まずは、前戯です。

女性をイカせるための前戯とは

前戯女性

10代後半や20代前半の時は、もう前戯よりも挿れたい願望ばかりだったので、すぐに挿れてましたが、20代後半からは、前戯をしっかりしましょう。

40代、50代のおっちゃんセックスに、20代が負けるのは、前戯です。
ここをしっかりしないから、負けるんですよ。

ここさえしっかりすれば、もう40代、50代に負ける要素なんて無いですからね。

代表的な方法をお伝えしますね。
[box04 title=”前戯の代表的な方法”]
ステップ1:クリトリスを口と手を使って十分に愛撫します。

ステップ2:クリトリスを責めながら、もう一つの手で、Gスポットを刺激します。

ステップ3:クリトリスに触れている手を話したら、Gスポットだけを刺激します。
[/box04]

これをするだけで、女性の反応は全然違います。

ここまでやると、大抵、濡れているので、もう挿入しても大丈夫です。

あと、忘れてはいけないのが、Gスポットを刺激すると全員イクとカン違いしている人たちがかなります。
そんな事はありません。

イケる人とイケない人たちがいます。

膣派かクリトリス派か、確認する

膣派の人とクリトリス派の人がいるので、クリトリス派の人に、いくらGスポットを頑張ってもダメです。

女性自身もどっち派なのか、よくわかっていない人が多いので、これは、実践して、女性の反応を見るしかないですね。
たまに、一人エッチをしている女性がいますが、クリトリスでイッているのか、それとも膣派なのか、聞く事も大事ですよ。

バイブ使っている人もいるでしょうが、そういう人は、膣派です

ただ、コレって、なかなか聞きにくくて、女性も答えにくいんですよね。

まあそうなると、やっぱりGスポットの実践あるのみです。
Gスポットでイケる人は、ちょっと反応が大きくて、顔が結構動いたり、足をビクンビクンさせるようになります。

こういった反応の場合は、Gスポットでイケる!と思って良いでしょう。

私も、AVはかなり見ていますが、AVのセックスはウケが悪い

男性は、どうしてもAVを見過ぎているので、否が応でも、AVのようなセックスをしたいと思っています。
セックス中、頭の中で、AVが流れていませんか?

でも、コレは、もう完全に女性からすると、ダメですね。
ウケが悪い・・・

下手くそのレッテルを貼られます。

AVは、派手さがあるので、あんな動き、本当はしないし、女性もそんな大げさな演技をしません。

オラオラ〜と言わないですし、感じてないですからね。。

あと、代表的なものが、潮吹きです。

潮吹きすると、女性は、イクような感じで、失神する!と思っている男性が多いこと・・・
そんな事ないですよ。

むしろ、潮を吹くと、後が大変です。。。

意外と、気持よくない、と答える女性の方が多いぐらいです。

あと、クリトリスは敏感です。
AVでは、かなり激しく刺激していますが、結構キケンです。
女性は、痛がる事の方が多いです。
また、クリトリスが皮をかぶっている事がありますが、無理に皮をむく必要もありません。

敏感に感じすぎる人もいますが、ちょっと試してみて、反応を見るのが良いでしょう。
舌を使って、皮の上から刺激するだけでも、十分感じます。

あとは、焦らず焦らす、それが最高のセックスをする一番重要なポイントです。

挿れたい派の男性と、妄想派の女性

ムードを大事にしたがるので、お風呂を楽しんだり、キスを楽しんだり、この辺りが20代と40代の違いでしょう。

50代なんて、挿れている時間は5分なのに、セックス時間は2時間とか。
20代は、3回位できるので、挿れている時間は15分〜20分、セックス時間も20分とか。。。

そうなると、5回ぐらいセックスすると、もうマンネリ化しますよ。。

イカすことに必死になりすぎるな!

私も、20代前半は、なんとしてもイカしてやるぜ〜

って思っていた時期がありました。

それよりも欲望がまさりすぎて、どうでも良かった時期もありますが・・・

イカせたい、と思う理由は、

■AVの見過ぎ
■イカさないと男としてダメ
■下手くそ
■女性が満足しない
■女性が気持よくない

こんな感じでしょうが、イカないと気持ち良くない、と思っている人はかなりいるような気がします。

男性は、イカないと、満足しないでしょ??

なので、女性もそうだと思っていまします。
でも、不思議なもので、多くの女性に聞いてみるとわかりますが、イカなくても十分満足している人って多いですよね。

満足感の方が優先されますね。

よっぽど性欲の強い女性は別ですよ。
激しいセックスで、何回もしてくれる人がいたら、もう一回、もしくは継続的にこの人とセフレの関係になりたい、という人もいるでしょうが、かなりの少数です。

満足度を高めるセックスにシフトしていく方が、より多くの女性からまたリクエストがきますよ。
私は、現在30代半ばですが、もう40代、50代に負ける気がしないですよね。

40代、50代の特徴は、女性の満足度を高めるセックスが上手いこと。
これを20代は真似できないというか、欲望がまさりすぎて、できないんですよ。
でも、30代になると、もう欲望がまさるというか、あんなに回数ができません。

私は、33歳ぐらいまで、1晩、5回ぐらいやっていました。
これぐらいやると、もう女性もぐったりして、満足感というか、疲労度の方が凄くて、セックスした〜〜〜!という気持ちになるようです。

あと、コレぐらいまでやる人って、少ないので、かなり記憶に残るようです。
これで、40代、50代と戦っていましたが、もうそろそろできなくなってきたので・・・

1晩、3回ぐらいが限界です。。
なので、今は、満足度を高めるセックスの勉強中です。

今までは、ないですが、もしかしたら、この先、勃たない、もしくは中折する、ということもあるかもしれませんので。

できる限り、スローセックス、満足度を高める事を目指しましょう。
それが、結果的に、女性を気持ちでイカす事ができます。

あと、最近は、潮吹きではなく、「ボルチオ」攻めですよ!

  • ボルチオ攻めって何?
  • どういう方法で?

と知りたい人は、下記が参考になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました